JAPANISM 40

  • 2017.12.16 Saturday
  • 10:34
評価:
---
---
---
()

JUGEMテーマ:最近読んだ本

 

 テコンダー朴はあんまり興味がなくなった。何でロックバンド物語になってしまったのか。二回連続朴星日が出てこない。手搏図パワーで安倍野晋ニと戦う展開ではないのか。それと、林聖恵って李信恵がモデルらしいけど、他のしばき隊員(に限らずモデルがいる登場人物全員)は全部そっくり似せて誰だか分かるように書いてるのに、彼女だけ似ても似つかない美少女。しかも、ロック歌手になったら、更に年齢が若返って、まさに似ても似つかぬ美少女。嫌味でやっているとしか思えない。

 余命三年も朝鮮進駐軍からいきなり民主党政権に飛んでしまい、ストーリーに説得力がなさすぎる。一方、撫子ちゃんはダブダブのブルマにチャレンジしたが、村上春樹ネタもそんなに面白くない。日之丸はあんまり読んでない。漫画が総崩れに思えた。しかし一方、新連載の愛国少女ウヨ子ちゃんが新連載。やっぱり青林堂の原典は漫画なのだろうか。

 

 最近はこの本、むしろ活字のページの方が面白い。

 びっくりしたのが、我那覇真子と孫向文(撫子ちゃん漫画の作者。いつも狐のお面で登場)との対談。孫氏いわく、沖縄には「泰期」という人の銅像があるらしいが、何せ我那覇真子も知らないような代物。しかしこの「泰期」氏、中国では大変有名で、プロパガンダで重宝がられているらしい。沖縄県民が敬愛する気持ちでこの銅像を作ったことになっているらしく、「この人の指さす方向は中国です」「琉球は独立したい」「(沖縄は)中国に帰りたがってる(全部P.28)」って。あのさあ、おいおい、中国じゃそんな事を言ってるのかよ。

 トップは千葉麗子と「セクシー監督」の村西とおるとの対談。懐かしい「アダルト業界の新左翼なだれ込み」の話から、山尾志桜里に伊藤詩織と斬りまくる。伊藤詩織って、強姦された数日後に「お疲れ様」って強姦魔にメールを送って、「ビザの件よろしくお願いします」だって。

 杉田水脈氏は選挙時に起きた選挙妨害の話。これはご存知の人も多いでしょう。山口4区に安倍晋三総理大臣の選挙に嫌がらせをするためだけに立候補した候補がいて、しかもその側には山本太郎。まあ、そんなことは影響もなく自民党の圧勝で選挙は終わったわけですが。

 他に常連陣含めて、色々あります。これで漫画が復活してくれば言うことなしなんですが。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM