武器としての書く技術byイケダハヤト@KADOKAWA(1)

  • 2018.11.29 Thursday
  • 21:03
評価:
イケダ ハヤト
KADOKAWA/中経出版
¥ 1,620
(2013-06-18)

 相も変わらず低視聴率の我がブログ「オウマー日記」。

 視聴率向上のヒントにならないかと思って読んでみた。

 

JUGEMテーマ:最近読んだ本

 

 作者は高名な売れっ子ブロガー。

 「老いては子に従え」と読んでみた。

 

 以下、勉強になったところとか、気になったところとか。

 

 『同じ語尾が続く(P.37)』。ついやっちゃいます。

 『「〜だと思います」「〜な気がします」が多すぎる(P.49)』、これもやっちゃいます。自分の意見は過激なものが多いので、つい「逃げ」る心理が働いてしまう。『あなたの「言いたいこと」は、誰かの「言ってほしいこと」(P.59)』。そうなんですよね。『ネットでは改行多めが定番(P.100)』、そう言われてみればそうだ。アイドルのブログなんて、改行だらけでスカスカだもんな。

 

 『読者の疑問や不信感をなるべく先回りして、一つひとつ消していく(P.84)』。スクール水着DaiGoさんなんか、こういう発想ばっかりだったよなあ。俺の文章は独りよがりに見えるのかな。『数字を強調する(P.85)』『人目を引きやすいマジックワード(P.91)』。これも同じだ。やっぱり「売れてる」人には一種の「法則」があるのだ。

 

 では、この続きは次回。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM